葛飾区 夜勤専従看護師

苦手なドクターとの接し方


苦手な人との接し方って、ただでさえ難しいのに、特に、それがドクターとなれば、対応にものすごく気を遣います。

 

ドクターになるくらいの人だから頭は良いわけなんですが、でも、頭だけでドクターになってしまったのかな?

 

こんなにコミュニケーション取れないって大丈夫?なんてこちらが心配してしまうドクターと仕事をすることもあります。

 

ぶっきらぼうで、口調がきつく、頭ごなしに怒ったりするドクターは本当に苦手でした。えらそうにしている、と言っては言い過ぎかな。

 

でも、そういうドクターって、意外とこちらがうまく対応して、一度壁がなくなると、割とフレンドリーだったりするんです。

 

ドクターはドクターとしての仕事をきちっと果たしたいわけだから、その仕事が果たせないような状況を作っていることに対してお怒りだったりするみたいです。

 

理不尽だな、と思うことがないわけではないけれど、言われてみればそうだな・・・と思うことも多かったりします。

 

私達看護師は、ドクターが良い仕事が出来るような準備もしなければならないんですよね。

 

特に、非常勤のドクターは毎日病院にいるわけではないから、今がどんな状態なのか、前回自分が診た時から何か変化があったりしたのか、そういうことが分かるようにしておくことも看護師の仕事なのかなと思ったりしています。

 

限られた時間で、出来るだけ多くの患者さん診てもらいたい、同時に、ドクターと患者さんとが向き合う時間を少しでも長くするためには、私達の工夫が求められるんですよ。

 

また処置をするときも、道具の置き方、出し方、ドクターが動きやすいように準備をしておくだけでも違います。怒りっぽいドクターは、こちらが良い動きをすると、なかなかやるじゃん、という感じで認めてくれて、一度そう思ってもらえたら、ドクターも話しやすくなるので、分からない時は先手必勝、事前連絡したり、こちらから聞いたりします。

 

苦手意識を持たないほうが、案外うまくいったりします。とにかく良い仕事をする気持ちで接することが大事かなと思います。

急変の対応が苦手でストレスが貯まる・・


病床数多い総合病院で働いていた時のことです。

 

私はまだ経験浅い頃で、担当した病棟は重症な患者さんも多く、重症であるということは、容体が急変することも多いわけで、本当に精神的に大変でした。

 

急変したときに自分はきちんと正しい対応が出来るか、いつも不安で、緊張してばかりいました。

 

緊張しすぎてもいけないと頭では分かっているんですが、勤務が終わると、ぐったりしていました。

 

患者さんが急変した瞬時の対応はとても大事で、その時の判断が患者さんのその後を左右したりします。

 

おすすめの婚活サイトは、正確さ、スピードも求められるので、未熟な私にはとても大きなストレスでした。

 

私のせいで患者さんが助からなかったら、とつい考えてしまっていました。

 

日勤はまだ良い方なんです。ドクターも看護師も大勢いて、多少自分の対応がまずくても、それをキャッチアップしてくれる人たちがいるので、落ち着いて行動出来ます。

 

でも、夜勤になると、本当に辛い。

 

夜勤は看護師の数も減って、見回りは交代で一人でも行うことが多く、看護師になった自分が言うのも変かもしれませんが、夜の病院って、怖くて、慣れなくて。

 

夜に患者さんが急変すると、相部屋だと周りの患者さんにも気を遣うし、ドクターに連絡して、ドクターが来るまでのあの何ともいえない、祈るような思い。

 

ドクターに、到着までにこの処置をしておいて、なんて言われると、え…しなきゃいけないの…と思ったり。

 

指示された薬を人気のない病棟の部屋に取りに行くとなると、あの暗い中あそこまで行くのか・・・とさらにブルーになり、生きた心地がしませんでした。プロ意識甘かったですよね。

 

これも慣れなのか、経験積んだというのか、今は何とか目の前の患者さんにベストを尽くすことに集中することが出来るようになっています。

トラブルメーカーの患者さんの経験談

病院というのは、本当にいろいろな患者さんが来ます。
看護師の仕事はとてもやりがいがあって、世の中にも必要とされている大切な仕事なのですが、来る者拒めない、といってしまっては何なのですが、不特定多数の見知らぬ方たちと出会うことが多い仕事でもあります。
来られた患者さんはどんな方でも治療を必要としているわけなので、こちらは医療を提供する立場としてどんな患者さんに対しても最善を尽くすことが求められます。
でも、正直、こういう人だけは勘弁して欲しい・・・早くどこか別の病院に行って、と切に願うこともあります。
私が勤めた病院は病床数がかなり大きかったので、たくさんの入院患者さんがいました。
実際、他の病院では手に負えないからまわってきた患者さんもいて、医療技術的に手に負えないんじゃないですよ、他では迷惑だからうちの病院に来た、という例もあるんです。

 

暴言を吐いて、周りの患者さんに嫌な思いをさせる人やルール無視して、やりたい放題で、アルコール持ちこんでいる患者さんもいました。そういう患者さんは注意しても、患者のほうがえらいだろ!と言わんばかりに、聞いてはくれません。医療器具を破損させちゃう人もいました。
患者さんも最初からこうなるわけではなくて、最初は治療を必要とする身なのでそこまでの体力・気力がないのですが、元気になってきて、でも、まだ退院の時期ではない時に起こったりします。
そのうち、トラブル起こしている人の周りの患者さん達から苦情が届き、さらにトラブルは増えていきます。このような患者さんを抱えている時は、他の患者さん達の病状ケアよりも、何も起こらず平穏に一日が終わることを望んでいたりします。夜間巡回も命がけのような思いだったり。
どうにもこうにもならない時は、強制退院、という措置があります。過去に1人ありました。本当にその時は職員全員が安堵しました。